男性更年期の対処方法

男性も40代を超えて中年期以降になってくると、体に色々と変調を起こします。特に若い頃に比べて意欲が無くなったり、今まで興味があったことが何となく面白く思えなくなったりすることがあります。又運動能力が極端に落ちたように感じたり、性欲も急激になくなったりします。


このように精神や肉体が急激に衰えても多くの場合は単なる老化現象だと思い、普通は諦めてしまうと思いますが、実はそれは男性更年期による障害の場合がかなりあります。こう言えば、更年期障害とは女性特有の症状だと思われるかもしれませんが、男性の場合も起こりうる症状なのです。


原因は女性と同じくホルモンのバランスが崩れることによって起こります。女性の場合は閉経を境に女性ホルモンが減少するように、男性も加齢とともに40代後半から男性ホルモンが減少していきます。また仕事や私生活での過度のストレスなどがあると、ますます男性ホルモンが減る傾向にあります。


そのために体に変調が起こっても、精神的な障害の場合はうつ病と診断されたり、肉体的な場合はED障害等と思われたりします。確かにそれらの治療法を行う事でも、症状は軽くなることもありますが、根本的な治療にならないために治療の長期化につながります。もしそういう場合は男性更年期の障害であることも疑い、専門の治療を受けることをお勧めします。


しかしまだまだ認知率の低い症状のため専門病院が見つかりにくいと思います。そのための一番簡単に見つける方法はインターネットで検索してみることです。それで、まだまだ少ないですが総合病院等で見つけることが出来ますので直接連絡してみるのも一つの方法だと思います。


ただ近くにそんな施設がない場合は民間療法に頼る方法も考えられます。まず適度に運動をすることです。体を動かすことで体の機能を活性化すればホルモンバランスの崩れの改善につながります。又ストレスを溜めないように自分に合ったリラックス法を見つけることも良い方法です。


あと食生活もビタミンやミネラル等の栄養をバランス良く取る食事をすることでも改善します。特にホルモンバランスの崩れを戻すのに効果的な亜鉛を多く含むカキやカツオ等を多く食することも効果的ですので、一度試してみて見るのも良い方法だと思います。

男性更年期の症状

更年期は女性に特有の時期と思われてきました。それは、年齢でいえば50歳前後で、閉経に伴い女性ホルモンが急激に低下する、性的魅力の減退を自覚する、子育てが一段落するなど社会的状況が変化するために、精神的または身体的な不調を感じる時期のことです。


しかし、最近ではこのような時期は男性にもあるといわれるようになってきました。これを男性更年期と呼んでいます。年齢としては同じく50歳からで、男性ホルモンが低下する、男性機能の衰えを感じる、家庭や社会における自己の位置が不安定になる、といった背景があって、ほてりや抑うつといった女性の更年期と似た症状が出てくるものです。


ただし、男性ホルモンの低下は女性ホルモンの低下に比べてはるかにゆっくりで、個人差も大きいです。したがって、男性更年期のような症状が出たときは、ホルモンの低下だけではなく、うつ病なども原因として考える必要があります。精神的療法として、精神療法、カウンセリングを受けるのも大切です。


男性は男性ホルモンの低下がゆっくりと起こるため性的環境の変化は女性ほどはっきりと起こらないようです。男性の中年期以降の男性ホルモン(テストステロン)の低下が挙げられます。


これらのホルモンを薬として補充する治療法が予防する働きがあるのではないかと考えられています。運動器官症状としては、肩こり、関節痛、腰痛など。消化器症状としては、食欲不振、嘔吐、下痢など。その他の症状としては、皮膚掻痒感、口渇感、易疲労性など。