増えつつある男性不妊

一昔前は不妊と言えば女性側の原因ばかりが注目されてきましたが、近年では男性側に原因のある不妊症、いわゆる男性不妊のケースも増えてきています。中には男性の10人に1人が何らかの問題を抱えているなんてデータも存在します。そこで今回は既に他人事ではなくなっている男性不妊について紹介します。


男性不妊の原因には先天性のものから後天性のものまで様々存在しますが、最も多い原因は造精機能障害で全体の約90%にも及びます。内容としては精巣やホルモン等の異常により精子を作る機能自体が低下し、うまく精子を作れない障害の事を言います。


造精機能障害には精子が全く作られていない無精子症や精子はあるけれどもその数が少ない乏精子症、精子の数は問題ないものの、その運動量に問題がある精子無力症があります。この中で最も重い症状は無精子症ですが、精液内に精子がゼロであっても精巣等に精子が存在している場合もあり、この場合は顕微授精などの高度な不妊治療をすれば克服は可能です。


その他の原因としては勃起不全(ED)や精索静脈瘤、閉塞性無精子症など多岐に渡ります。またこれらの病名が付く原因の他にも日頃の生活習慣が不妊を引き起こしているケースもあります。まず挙げられるのは喫煙です。


女性の喫煙が妊娠・出産に悪影響な事はもはや常識ですが、男性の喫煙も精子に悪影響を及ぼすので注意が必要です。他には肥満やストレスなど一般的に健康に悪いと言われている事も不妊の原因になりえます。もし男性不妊を疑った際は、このような悪い生活習慣を送っていないかも確認してみるといいでしょう。